趣旨

日本漢字協会とは

占いとは、占うための特別な道具・方法を用いて将来における吉凶を予見・予言することをいいます。人間が集団で生活するようになると同時に、集団のまとめ役として神がまつられ神の言葉が「掟」として定められたのが始まりだと言われています。例えば、日本では、邪馬台国の女王であると言われている卑弥呼が占いを用いて政治を進めていきました。とりわけ古い時代においては、国の重要な問題を決定するときに占いをし、その結果を「神の言葉」として従ったようです。

その歴史的経緯を経て様々な占いが誕生し、陰陽道や占星術などの占いが生み出されてきました。そして科学技術が発達した現代社会において、占い自体が持つ信憑性があまりなくなったとはいえ、エンターテイメントとして人を楽しませる道具として活用されているだけでなく、人生の指針を見失った人々に一筋の光を示す材料となっています。しかしながら一方で、占いを悪用した犯罪も発生しており社会問題になっているだけでなく、占い自体がネガティブなイメージを持たれ正しく理解されていないのが現状です。

そこで、私たちは占い検定の実施や占いに関するセミナー等の開催を通して、一般市民に広く正しい情報提供する場を設け、占いの普及と更なる浸透、占いに興味を持つ人材の育成に貢献することにより、占いという文化に資する活動を行いたいと考えています。

これまでは個人として占いの普及促進に携わってきましたが、この度活動の規模の拡大及び占い検定等という営利目的ではない事業を実施するに当たって、組織体としての基盤を固め、社会的な信用を強固にするために、特定非営利活動法人設立の必要性を感じ、法人化の計画が立てられました。法人格を取得することにより、他の占い研究機関や民間企業との協力も図ることができ、広く情報提供する機会を得られると考えています。

概要

団体名称
特定非営利活動法人 占い協議会
設立
平成24年11月1日
目的及び事業

この法人は、占い検定の実施や占いに関するセミナーの開催を通して、一般市民に広く情報提供する場を設け、占いの普及と更なる浸透、占いに興味を持つ人材の育成に貢献することにより、占いという文化に資する事を目的とする。

この法人は、前掲の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

  • (1) 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
  • (2) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
主たる事務所
兵庫県神戸市中央区江戸町85-1 ベイ・ウィング神戸ビル9階